浅田真央の10代最後の演技



プリンス・アイスワールド2010、浅田真央の10代最後の演技の映像です。

posted by skate at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田真央

2009年 フィギュアスケート世界選手権 エキシビジョン



2009年3月23日から29日にかけて、アメリカ・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた世界フィギュアスケート選手権での、安藤美姫の、ショートプログラムの映像です。

posted by skate at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫

2009年 フィギュアスケート世界選手権 フリープログラム



2009年3月23日から29日にかけて、アメリカ・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた世界フィギュアスケート選手権での、安藤美姫の、フリープログラムの映像です。安藤美姫は、総合得190.38で、3位となりました。

posted by skate at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫

2009年 フィギュアスケート世界選手権 ショートプログラム



2009年3月23日から29日にかけて、アメリカ・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた世界フィギュアスケート選手権での、安藤美姫の、ショートプログラムの映像です。安藤美姫は、得点64.12で、4位につけました。



posted by skate at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫

2009年フィギュアスケート世界選手権 キム・ヨナ



2009年フィギュアスケート世界選手権での、キム・ヨナの演技です。

タグ:キム・ヨナ
posted by skate at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ヨナ

浅田真央 2007年 THE ICE ザ・アイス(愛知県)



2007年7月29、30日に愛知県で開かれた、真夏の氷上祭典 THE ICE ザ・アイスでの、浅田真央の映像です。「So Deep Is the Night」のフルバージョン」演技です。
posted by skate at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浅田真央

サーシャ・コーエン 2006年 トリノオリンピック



サーシャ・コーエンの、2006年トリノオリンピックでの演技で、ロミオとジュリエットです。

サーシャ・コーエンについて

彼女はフィギュア・ファン以外にも絶大な人気を誇り、その美貌からハリウッド女優への道もあると言う。ソルトレイク五輪でも、いちばん期待されていたのは彼女であった。スノーボード・ハーフパイプのトリノ五輪金メダリスト、ショーン・ホワイトも「これで、俺と付き合ってくれないかなぁ」と話していた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーシャ・コーエン

伊藤みどり 1992年 アルベールビル・オリンピック



1992年の、アルベールビル・オリンピックでの伊藤みどりの映像です。


「伊藤みどり」について

トリプルアクセルで世に知られているように、速いスピードで滑りながらも確実に決めるジャンプ技術の高さが挙げられる。短い助走、離氷してからゆったりと回転を開始し余裕をもって着氷するスタイルで、なおかつ高さと幅があり飛距離が長いという、非常に質の高いジャンプを跳び、着氷後の流れも美しいことからジャンプ技術に抜群の定評があった。今日に至るまで、6種類の主要なジャンプを正確に跳び分けることのできる数少ない女子選手の一人である。しかし、伊藤はジャンプ技術だけの選手ではなく、最高水準の、軸がぶれない美しいポジションのスピンをこなす技術をも兼ね備えていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

ジャネット・リン 1990年 ハイライト



ジャネット・リンの、1990年ハイライト映像です。


ジャネット・リンについて

1998年に開催された長野オリンピックにおいて、オリンピック親善大使として任命され、CMに出演。2007年1月に、キリスト教の文書伝導を目的とするパワー・フォー・リビングのキャンペーンに、日本ハム ヒルマン監督・かつて「久保田早紀」の芸名で活動していた歌手久米小百合・音楽ユニットm-floのMCであるVERBALとともに出演。2001年、フィギュアスケートの世界殿堂入り。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャネット・リン

イリーナ・スルツカヤ 2006年 トリノオリンピック



イリーナ・スルツカヤの、2006年トリノオリンピックでの演技です。

イリーナ・スルツカヤについて

豊富なジャンプと高さに定評がある。フリップジャンプは不得意。得意なジャンプはループジャンプで、コンビネーションの2つ目のジャンプに取り入れることが多いが、単独で跳ぶ場合、円を描きながら踏み切りに入る流れが非常に美しい。完璧なビールマン・ポジションを両足で取れる数少ない選手の一人で、またビールマンスピンの完成度、スピード、ポジションなどにおいて、定評がある。ビールマン・ポジションをとりながらスパイラルシークエンスを行ったのも特徴的である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。