伊藤みどり 1992年 アルベールビル・オリンピック



1992年の、アルベールビル・オリンピックでの伊藤みどりの映像です。


「伊藤みどり」について

トリプルアクセルで世に知られているように、速いスピードで滑りながらも確実に決めるジャンプ技術の高さが挙げられる。短い助走、離氷してからゆったりと回転を開始し余裕をもって着氷するスタイルで、なおかつ高さと幅があり飛距離が長いという、非常に質の高いジャンプを跳び、着氷後の流れも美しいことからジャンプ技術に抜群の定評があった。今日に至るまで、6種類の主要なジャンプを正確に跳び分けることのできる数少ない女子選手の一人である。しかし、伊藤はジャンプ技術だけの選手ではなく、最高水準の、軸がぶれない美しいポジションのスピンをこなす技術をも兼ね備えていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。