ジャネット・リン 1969年 エキジビション



ジャネット・リン、1969年のエキジビション演技です。


ジャネット・リンについて

アメリカのフィギュアスケート選手。本名ジャネット・リン・ノーウィッキ。選手としてはファミリーネームを落とした名を使った。1972年の札幌オリンピックに出場し、女子シングルで銅メダルを獲得。シカゴの郊外で生まれた。3歳半で初めてスケート靴を履き、5歳からフィギュアの訓練を始めた。1966年、12歳でジュニアの国内選手権に優勝。1968年には14歳でグルノーブルオリンピックに出場、9位。金メダルのペギー・フレミングがプロに転向すると、ジャネット・リンはアメリカ女子フィギュア界のエースとなり、1973年まで5年連続で全米選手権を制した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャネット・リン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61433687
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。