ジャネット・リン 1971年 ハイライト



ジャネット・リンの、1971年ハイライト映像です。


ジャネット・リンについて

1972年、18歳の時、札幌オリンピック出場。フリーではシット・スピンで尻もちをつく失敗があったものの、美しい演技は札幌の観客を魅了。芸術点で満点の6.0も出るなど高得点を獲得したが、当時のルールで重要視されていたコンパルソリーが苦手であったため、合計点で3位にとどまった。この出来事は翌年からコンパルソリーの比重を下げ、ショートプログラムを導入する一因ともなった。演技中、失敗したにもかかわらず終始笑顔で滑っていたことは、全世界で大絶賛された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジャネット・リン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61433728
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。