サーシャ・コーエン 2001年 フィギュア・マスターズ



サーシャ・コーエンの、2001年フィギュア・マスターズでの映像です。

サーシャ・コーエンについて

表現力も世界一といって過言ではない。トリノオリンピック、ショートプログラムでは、技術点ではイリーナ・スルツカヤ、荒川静香に次ぐ3位であったが、演技構成点でこの2人を抑え、トータルポイントでは1位。演技構成点で8点台を出すことがあり、高く評価されている。練習中には4回転サルコウジャンプを成功させている。トップレベルの選手でありながらも、大きな試合ではミスをして優勝を逃すことが多く勝負弱さが目立っている。そのことから「シルバーコレクター」「ガラスのエース」「もう少しのサーシャ」などという、不名誉なニックネームをつけられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーシャ・コーエン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。