イリーナ・スルツカヤ 2004年 世界チャンピオンシップ



イリーナ・スルツカヤの、2004年世界チャンピオンシップ、ワンダーランドという演技です。

イリーナ・スルツカヤについて

2001年カナダ・バンクーバーで開催された世界選手権のフリースケーティング(ドンキホーテ)において3回転サルコウ-3回転ループ-2回転トゥループのコンビネーションジャンプを女子フィギュアスケートの歴史上初めて、公式の試合で成功させた。さらにもう一度、さらに難易度の高い3回転ルッツ-3回転ループ-2回転トゥループのコンビネーションジャンプに挑戦してループでステップアウトして不完全な評価となった。最大のライバルだったアメリカのミシェル・クワンが完璧な演技を披露して優勝。彼女は2位に終わった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61546925
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。