イリーナ・スルツカヤ 2006年 トリノオリンピック



イリーナ・スルツカヤの、2006年トリノオリンピックでの演技です。

イリーナ・スルツカヤについて

豊富なジャンプと高さに定評がある。フリップジャンプは不得意。得意なジャンプはループジャンプで、コンビネーションの2つ目のジャンプに取り入れることが多いが、単独で跳ぶ場合、円を描きながら踏み切りに入る流れが非常に美しい。完璧なビールマン・ポジションを両足で取れる数少ない選手の一人で、またビールマンスピンの完成度、スピード、ポジションなどにおいて、定評がある。ビールマン・ポジションをとりながらスパイラルシークエンスを行ったのも特徴的である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61547039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。