伊藤みどり 1992年 アルベールビル・オリンピック



1992年の、アルベールビル・オリンピックでの伊藤みどりの映像です。


「伊藤みどり」について

トリプルアクセルで世に知られているように、速いスピードで滑りながらも確実に決めるジャンプ技術の高さが挙げられる。短い助走、離氷してからゆったりと回転を開始し余裕をもって着氷するスタイルで、なおかつ高さと幅があり飛距離が長いという、非常に質の高いジャンプを跳び、着氷後の流れも美しいことからジャンプ技術に抜群の定評があった。今日に至るまで、6種類の主要なジャンプを正確に跳び分けることのできる数少ない女子選手の一人である。しかし、伊藤はジャンプ技術だけの選手ではなく、最高水準の、軸がぶれない美しいポジションのスピンをこなす技術をも兼ね備えていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり 1988年 カルガリー・オリンピック



1988年の、カルガリーオリンピック、アメリカ版の映像ですが、日本語字幕付きとなっています。


「伊藤みどり」について

規定演技が苦手で、プログラムが始まる時には6位〜10位の場所から逆転しなければならなかった。しかし、男子選手をも圧倒する高さと安定感のあるジャンプ技術によって、ショートプログラム、フリーで一気に順位を上げてくることから、1981年の世界フィギュアスケートジュニア選手権の頃より、他国コーチ陣から津波に因んだTsunami Girl(ツナミちゃん)という愛称をつけられたこともあった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり 1984年 世界選手権



世界選手権初出場、伊藤みどり14歳の映像です。


「伊藤みどり」について

1995年には一時アマチュア復帰し、迎えた1996年の全日本フィギュアスケート選手権では26歳でトリプルアクセルを成功させ、4年ぶり9度目の優勝を果たすが、同年の世界選手権は体調不良もあって7位と不本意な結果に終わり、再び引退。1998年開催の長野五輪の開会式では、日本に26年ぶりの聖火を灯す大役を担った。なお、この長野オリンピック実現において伊藤は重要な働きをし、1991年の国際オリンピック委員会総会に振袖姿で出席し、オリンピック招致を訴えるスピーチを行った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり ハイライト映像 Part5



伊藤みどりの、ハイライト映像、Part5で、「世界で最も美しいジャンパー」というコメントが付いた映像です。


「伊藤みどり」について

1992年4月2にプロ転向を正式に表明、6月に名古屋スポーツセンターで、さよなら公演「アイスフェスティバル ミドリイトウ フォーエバー」を行い、アマチュア生活に別れを告げた。1993年に世界プロフィギュア選手権大会で優勝。1994年同大会で2位。1995年、第10回インターナショナル・プロフィギュア選手権優勝するなど、プロスケーターとしても世界の第一線で活躍を続けた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり ハイライト映像 Part4



伊藤みどりハイライト映像、Part4、「河よりも深く、山よりも高く」という撮影者のコメント付きの、映像です。


「伊藤みどり」について

選手生活において集大成となった1992年のアルベールビルオリンピックで、オリジナル・プログラムのコンビネーションジャンプのファーストジャンプを、トリプルアクセルからより確実性の高いトリプルルッツに変更して挑むも転倒。4位となり、自力での金メダルは絶望的となってしまった。しかしフリー演技で、前半の2つめのコンビネーションジャンプのファーストジャンプであったトリプルアクセルに失敗しながらも、体力的に大技は困難とされる後半に再度トリプルアクセルジャンプに挑戦し見事成功。日本人フィギュアスケート選手では初の銀メダルを獲得。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり ハイライト映像 Part3



伊藤みどりの、ハイライト映像、Part3で、「銀の雨」という撮影者のコメント付きの、映像です。


「伊藤みどり」について

4〜5歳の頃にスケートを始め、6歳から本格的なスケート競技に参加。中日スケートクラブで山田満知子コーチに師事。1980年に、小学校4年生で全日本ジュニア選手権で優勝し、同じ年にはシニアの大会全日本フィギュアスケート選手権で3位となり、「天才少女スケーター」と呼ばれるようになる。1984年のサラエボオリンピックは、14歳の伊藤は年齢制限で出場資格が無かったが、日本スケート連盟は、「オリンピック開催年に世界ジュニア選手権で3位以内に入れば資格を与える」という特例を活用し伊藤を五輪へ出場させるため、1983年の世界ジュニア選手権を札幌に招致。伊藤は3位となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり ハイライト映像 Part2



伊藤みどりの、ハイライト映像、Part2で、「時の流れ」という撮影者のコメント付きの、映像です。


「伊藤みどり」について

4〜5歳の頃にスケートを始め、6歳から本格的なスケート競技に参加。中日スケートクラブで山田満知子コーチに師事。1980年に、小学校4年生で全日本ジュニア選手権で優勝し、同じ年にはシニアの大会全日本フィギュアスケート選手権で3位となり、「天才少女スケーター」と呼ばれるようになる。1984年のサラエボオリンピックは、14歳の伊藤は年齢制限で出場資格が無かったが、日本スケート連盟は、「オリンピック開催年に世界ジュニア選手権で3位以内に入れば資格を与える」という特例を活用し伊藤を五輪へ出場させるため、1983年の世界ジュニア選手権を札幌に招致。伊藤は3位となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり ハイライト映像 Part1



伊藤みどりの、ハイライト映像、Part1です。


「伊藤みどり」について

伊藤の突出したジャンプ技術は、優雅に氷上を舞う芸術だったフィギュアスケートを、鍛え上げられたアスリートが技を競い合うスポーツへと変革させた。1989年、「もっとも高得点をとったフィギュアスケーター」としてギネスブックに掲載。2004年3月25日、日本人初のフィギュアスケート殿堂入り。2007年3月22日、開催中の世界選手権の会場で国際殿堂入りの表彰式が行われた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり

伊藤みどり トリプルアクセル集



伊藤みどりの髄骨頂、トリプルアクセル集の映像です。


「伊藤みどり」について

東海女子高等学校(現、東海学園高等学校)、東海学園女子短期大学卒業。身長145p。 アルベールビルオリンピックフィギュアスケート女子シングル銀メダリスト。1989年世界選手権優勝。ジャンプの伊藤として世界的に名前が知られ、全日本選手権8連覇、女子選手として世界で初めて公式戦でトリプルアクセル(3回転半)を成功させるなど、女子フィギュアスケート界に数々の金字塔を打ち立てた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊藤みどり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。