太田由希奈 2007年 チャンピオン・オンアイス



2007年の、日本でのチャンピオン・オンアイスにおける太田由希奈の映像です。


「太田由希奈」について

2003年、スケートカナダのショートプログラムで記録した63.90ポイントは、2006-2007年現在、村主章枝をも上回る得点でISU歴代9位の記録である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 太田由希奈

太田由希奈 2007年 ニューイヤーフィギュア 



ニューイヤーフィギュア2007「氷上のNo.1 アーティスト決定戦」での、太田由希奈です。


「太田由希奈」について

レイバックイナバウアーなど指先まで神経の行き届いた表現力で、「氷上のバレリーナ」、「手の表現だけでも魅せられるスケーター」と称えられるほど、芸術性を非常に高く評価されているスケーターである。課題はジャンプの正確性と全体的なスピードに欠けること、ただしスピードについては最近向上の傾向がみられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 太田由希奈

太田由希奈 2006年 選手権大会 FS




第75回、全日本フィギュアスケート選手権大会での、太田由希奈のフリー・スケーティング映像です。


「太田由希奈」について

2006-07シーズン、10月の近畿ブロック大会から本格的に公式戦に復帰し、2010年に行われるバンクーバーオリンピック代表の座獲得を目指している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 太田由希奈

太田由希奈 2006年 選手権大会 SP



第75回、全日本フィギュアスケート選手権大会での、太田由希奈のショート・プログラムの映像です。


「太田由希奈」について

長らく京都醍醐FSCに所属、濱田美栄コーチの指導を受けてきたが、2006-07シーズンは、国立スポーツ科学センターのある東京をベースに活動し、日本オリンピック委員会(JOC)強化コーチである樋口豊の指導を受けることになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 太田由希奈

太田由希奈 2002年 世界ジュニア選手権 FS



2002年、世界ジュニア選手権での太田由希奈のフリー・スケーティング演技映像です。


「太田由希奈」について

2004-05シーズンより右足首の故障に苦しみ、以降試合に出られない状況が続いていた。一時は選手生活完全引退やアイスダンス転向も検討されたが結局シングルでの現役続行を決断、2006年4月2日になみはやドームで行われたアイスショー「KTV Diamond Ice 2006」に出場し、久しぶりに日本のファンの前で演技を披露した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 太田由希奈

太田由希奈 2002年 世界ジュニア選手権 SP



2002年、世界ジュニア選手権での太田由希奈のショート・プログラム演技映像です。


「太田由希奈」について

同志社女子高等学校を卒業後、同志社大学政策学部に入学。2007年、同志社大学を退学し、法政大学通信課程文学部日本文学科1年生として再入学した。身長157cm、血液型A型。2002年のJGPファイナルと世界ジュニア選手権、2004年の四大陸フィギュアスケート選手権で優勝し将来を嘱望されていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 太田由希奈
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。