デニス・ビールマン 1997年 ハイライト



デニス・ビールマンの、1997年ハイライト映像です。


デニス・ビールマンについて

ビールマンスピンは、海外女子では、イリーナ・スルツカヤ、サーシャ・コーエンらが得意技として有名である。また、このビールマンスピンを行うことで知られる男子選手は、トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ、柴田嶺が持ち技としているが、男子選手のほとんどは行わない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1997年 ワールド・プロチャンピオンシップ



デニス・ビールマンの、1997年ワールド・プロチャンピオンシップでの演技です。


デニス・ビールマンについて

ビールマンスピンは、日本では、中野友加里が2000年シーズンに始めて国際試合で行ったのを先駆けとする。その後、トリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香、また安藤美姫、武田奈也ら多くの選手が演技に取り入れている。なお、片手でのビールマンスピンを行う選手としては、ミラ・リュン、浅田真央などが有名である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1996年 カナダ



デニス・ビールマンの、1996年の映像です。


デニス・ビールマンについて

ビールマンスピンの名称は、1977年に特徴的なスピンを成功させたデニス・ビールマンに因んで名付けられたものだが、最初に行ったスケート選手は、1960年代半ばに活躍した旧ソビエト連邦のタマラ・モスクビナとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1995年 ハイライト



デニス・ビールマンの、1995年ハイライト映像です。


デニス・ビールマンについて

ビールマンスピン、ビールマンスパイラルは、非常に大きな柔軟性と技術を必要とするため、ほとんど常に女子選手、わけても、ある程度高度な身体の柔軟性を持つ選手によって行われる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1993年 ハイライト



デニス・ビールマン、1993年の映像です。


デニス・ビールマンについて

スケート選手が片脚を後方から頭上に伸ばし、手で伸ばした脚を保持した状態をビールマンポジションと称し、その状態でスピンを行うことをビールマンスピンという。ビールマンポジションのままスパイラルを行うことをビールマンスパイラルという。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1981年 ワールド・チャンピオンシップ



デニス・ビールマンの、1981年のワールド・チャンピオンシップの演技で、金メダルを獲得しました。


デニス・ビールマンについて

1981年、ビールマンは世界選手権優勝後、アマチュア競技から引退しプロに転向。プロスケーターとなってからは、アイスショー及びプロ競技会に積極的に参加し、1990年世界プロフィギュア選手権では、優勝を果たしている。他方、彼女はラインフィットネスとファッションの事業を始めている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1980年 レークプラシッドオリンピック



デニス・ビールマン、1980年レークプラシッドオリンピックのエキジビション演技です。


デニス・ビールマンについて

1981年にインスブルックで行われたヨーロッパフィギュアスケート選手権で優勝、同年ハートフォードでの世界フィギュアスケート選手権でも優勝を果たした。その活躍から1979年と1981年にはスイスの女子スポーツ最優秀選手に選ばれた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1980年 レークプラシッドオリンピック



デニス・ビールマンの、1980年、レークプラシッドオリンピックでの映像です。


デニス・ビールマンについて

1980年のレークプラシッドオリンピックではコンパルソリーフィギュアで12位と遅れ、ショートプログラム2位、フリースケーティング1位と追い上げたが、総合4位入賞に留まった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン 1978年 ワールド・フィギュアスケート・チャンピオンシップ



デニス・ビールマン、カナダ・オンタリオ・オタワでの1978年ワールド・フィギュアスケート・チャンピオンシップの映像です。


デニス・ビールマンについて

1978年のヨーロッパフィギュアスケート選手権で、女子選手として史上初めてトリプルルッツジャンプを成功させた。1979年から1981年までスイスフィギュアスケート選手権で3度優勝。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン ハイライト Part1



デニス・ビールマン、ハイライト映像Part1です。


デニス・ビールマンについて

フィギュアスケートの有名な技の1つである、ビールマンスピンは、彼女に因んで名付けられたものである。競技を始めて8年で最初の国際大会だったベルギー大会で優勝、11年でアマチュア女子選手権保持者となった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン

デニス・ビールマン ハイライト Part2



デニス・ビールマン、ハイライト映像Part2です。


デニス・ビールマンについて

スイス出身の女性フィギュアスケート選手。1980年、レークプラシッドオリンピック女子シングルスイス代表。1981年、世界フィギュアスケート選手権優勝。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by skate at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | デニス・ビールマン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。