イリーナ・スルツカヤ 2006年 トリノオリンピック



イリーナ・スルツカヤの、2006年トリノオリンピックでの演技です。

イリーナ・スルツカヤについて

豊富なジャンプと高さに定評がある。フリップジャンプは不得意。得意なジャンプはループジャンプで、コンビネーションの2つ目のジャンプに取り入れることが多いが、単独で跳ぶ場合、円を描きながら踏み切りに入る流れが非常に美しい。完璧なビールマン・ポジションを両足で取れる数少ない選手の一人で、またビールマンスピンの完成度、スピード、ポジションなどにおいて、定評がある。ビールマン・ポジションをとりながらスパイラルシークエンスを行ったのも特徴的である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イリーナ・スルツカヤ 2004年 世界チャンピオンシップ



イリーナ・スルツカヤの、2004年世界チャンピオンシップ、ワンダーランドという演技です。

イリーナ・スルツカヤについて

2001年カナダ・バンクーバーで開催された世界選手権のフリースケーティング(ドンキホーテ)において3回転サルコウ-3回転ループ-2回転トゥループのコンビネーションジャンプを女子フィギュアスケートの歴史上初めて、公式の試合で成功させた。さらにもう一度、さらに難易度の高い3回転ルッツ-3回転ループ-2回転トゥループのコンビネーションジャンプに挑戦してループでステップアウトして不完全な評価となった。最大のライバルだったアメリカのミシェル・クワンが完璧な演技を披露して優勝。彼女は2位に終わった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イリーナ・スルツカヤ 2002年



イリーナ・スルツカヤ、2002年の映像です。

イリーナ・スルツカヤについて

2000年フランス・リヨンで開催されたグランプリファイナルのフリースケーティング(ドンキホーテ)において3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプを、女子フィギュアスケートの歴史上初めて、公式の試合で成功させた。さらにもう1度、3回転-3回転のコンビネーションジャンプを成功させて優勝し、復活を果たした。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イリーナ・スルツカヤ 2000年 世界選手権



イリーナ・スルツカヤ、2000年世界選手権でのカルメンです。

イリーナ・スルツカヤについて

1995年、世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝。1996年、ヨーロッパフィギュアスケート選手権でロシア女子選手初の優勝。同年世界選手権で初めて銅メダルを獲得。1998年の長野オリンピックでは、メダル獲得が期待されたが、ショートプログラム(ワルツ)は、コンビネーションジャンプでトリプルルッツの予定がダブルルッツとなる失敗を犯し、5位スタートとなる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イリーナ・スルツカヤ ハイライト映像



イリーナ・スルツカヤのハイライト映像です。

イリーナ・スルツカヤについて

ロシアモスクワ出身。2002年ソルトレイクシティオリンピック女子シングル銀メダリスト。2006年トリノオリンピック女子シングル銅メダリスト。身長160センチ。ロシアでの愛称はイーラ。1979年2月9日、モスクワ市内の病院でロシア人の母ナタリアとユダヤ人の父エドゥアルトの長女として誕生した。生来身体が弱く、医者に外でのスポーツを勧められた。フィギュアスケートを始めたのは4歳の時で6歳からジャンナ・グロモワの指導を受けた。彼女のコーチはジャンナ・グロモワただ1人であり、強い信頼を寄せている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。